マンダラアート画廊|Masaya_Otani (VI$ӇΠЦ®️) オリジナル曼荼羅(マンダラ)アーティスト「Masaya_Otani」の公式ホームページ。マンダラの持つ対称性を用いて、スピリチュアルとヒーリング、意識を表現しています。カードやシールなど身の回りに置いていただけるアイテムをご用意しておりますので、モチーフの無いアート作品を通して、世界唯一のヴィジョンをお楽しみください。

なぜ、タバコはやめれない?禁煙と断食の並行で考える

2020年11月27日金曜日、仕事休みの親父にiQOSを手渡した。

親父は愛煙家である。

「俺はタバコを辞めるから、あげるよ」

 

禁煙に踏み切るときに、応援してくれるようなヒトに断言して始めることは、極めて有効であると感じる。せめて1人には約束すると良い。

 

私の場合は少しハードルが高かった。

 

25歳のときにタバコを辞めて、37歳に、また吸い出した。

当然のごとく離脱症状はひどく、一度やめたからといって「さ、辞めるか」といって禁煙できるものではない。

喫煙期間も2年になり、iQOSで「模範的ニコチン中毒者」となっていた。

 

 

今の時代、ニコチン中毒ほど虚しいものもない。

時代遅れのファッションアイテムのようだ。

しかし「手巻きタバコ」といった業界だと、また違う。いわゆるシャグである。

 

シャグは、iQOSなど手が届かないほどに美味しい。タバコは美味しいのだと感じる。

添加物が全然入っていないのだ。

 

こういう嗜みも良い。しかし私はかなりニコチン中毒が進んだ。四六時中iQOSを必要としている。

いつでもそうなのだ。タバコに依存しやすい。吸うのを我慢できない。

 

そして、今、金欠なのだ。

病気休暇で休みということもあるし、ここは25歳のときにニコチン中毒から脱した方法を再び試そうと。

それは、とにかく精神力で我慢する方法だ。ニコチン中毒は3日3週間3ヶ月が、危ないとされている。

3日乗り切れば体内のニコチン量が99%排出されて、後は精神依存のみとなり、かなり楽になる。肉体依存というものは、食事を食べないような欲求との戦いだからだ。

 

 

私はマゾなのだろうか?

精神不安定な時期にわざわざタバコをやめるなんて、と喫煙者は思うだろう。

私の場合は、閃いた時期にやる。というものらしい。

 

 

今回は断食と平行することにした

深い意味は無いが、前回(25歳)の禁煙と同じでは面白くない。やりごたえがない。という風に、断食が決まった。

断食も非喫煙も3日間を最低のハードルとしている。

よくも思いつきで、やれるものだ。びっくりしている。

 

 

3日目の終わりに近づいている

食事は摂れない。タバコは吸えない。水は飲める。

といった。神秘的な3日間を過ごしていて、執筆時は3日目の16時である。

これくらい時間が経つと、タバコの依存はかなり弱い。というか「辞めた。辛かった」と勝利宣言を出せるくらい。

断食は日を追うごとに「飢餓飢餓」してきて、精神的には落ち着くのだが、

お腹が減る。当たり前に。あとボンヤリする。

 

 

個人的な感想とすれば「食欲とは真理なり」

食べることをやめれば、普通のヒトは死んでしまう。

禁煙はどうだろう?むしろ体を健康にする。

今回は2つの出来事を発想の描くままに挑戦して体現してみた。

すると、食事を断つという「太い意志」に従うかのように、喫煙も辞められる。

もっとも、現代的ではないかもしれない。

 

あとがき:やっぱりマゾ

3日目にして、トライしたのは「サウナ風呂」

断食で弱るカラダに、刺激を一発といわんばかりに。

結論としては「サウナはそもそも辛くない」ということか。

爽やかに精神が安定して、毛穴も引き締まった。

コレは良い。

 

※私が行った断食は、水はOKとしています。

コメントは受け付けていません。

特集

マンダラアート画廊|Masaya_Otani (VI$ӇΠЦ®️) オリジナル曼荼羅(マンダラ)アーティスト「Masaya_Otani」の公式ホームページ。マンダラの持つ対称性を用いて、スピリチュアルとヒーリング、意識を表現しています。カードやシールなど身の回りに置いていただけるアイテムをご用意しておりますので、モチーフの無いアート作品を通して、世界唯一のヴィジョンをお楽しみください。

〒515-0001
三重県松阪市大口町362-3 Pensee G-7

090-7850-4875

9:00~20:00
定休日:火曜・水曜