マンダラアート画廊|Masaya_Otani (VI$ӇΠЦ®️) オリジナル曼荼羅(マンダラ)アーティスト「Masaya_Otani」の公式ホームページ。マンダラの持つ対称性を用いて、スピリチュアルとヒーリング、意識を表現しています。カードやシールなど身の回りに置いていただけるアイテムをご用意しておりますので、モチーフの無いアート作品を通して、世界唯一のヴィジョンをお楽しみください。

東京訪問。上野で描く

美しい上野

東京にある用事を済ませる

今は、上野でマンダラを描いたところです。

十年ぶりに東京へ来ました。

十年前は「ぶらりと出かけてひとり旅」でした。

マンダラ(Mandala)

令和元年7月12日(金)上野にてマンダラを描いた

 

 

十年前にみつけた東京

せっかくなので、十年前の東京で起きたことを話しましょう。厳密には2005年に旅へ出たということで14年前の話になります。

当時はスマートフォンはなく、DocomoのFOMA端末にて「Googleマップ」を用いて地図にしていました。リアルタイムなマップの表示は「iアプリのグーグルマップ」から続いています。

 

デジタル地図は便利

宿は南千住のビジネスホテルをインターネット予約しました。拠点は「南千住」という、北東京になります。

南千住を選んだのは、宿泊費の節約、すぐに秋葉原へ行ける。という一点です。

不思議なことに、秋葉原だったら一日中、楽しくすごせる。と感じていたからです。一直線に秋葉原へ向かいます。

駅を出ると「とある魔術のインデックス」という、アニメの広告で埋め尽くされた秋葉原の街に居ました。迫力のある光景だったので、忘れられません。

 

秋葉原をグーグルマップで見ると、シンプルな道路で動きやすい。という印象を受けたのを覚えています。メインストリートと、その裏道も栄えています。平行しているのです。

動きやすく、メリハリの効いた街だと感じます。

 

ガラケーでのグーグルマップは現在と変わらぬ精度でした。絶対に迷わない道具として、旅の助けとなりました。

世界中でも珍しい秋葉原の街と、南千住を往復する旅の日常でした。

 

浅草めぐり

浅草は、南千住からすぐに行ける位置にあったので、丸一日を充てました。

通勤ラッシュを避けるために、始発で浅草に向かいます。ヒトは全然いません。

お店も空いていません。そのおかげか、雷門をゆっくりとした気分で眺められて「観光地化したと言われているけれど、ヒトのいない雷門は神秘的で素晴らしい」と、素直に感じました。

10時には、観光客でごった返していました。その光景を尻目に、私は、浅草から隅田川を渡船で下ります。

行く先は「お台場」です。

当時はフジテレビの移転で話題になっていました。東京ならば、外せない場所だったのです。

お台場に着くと、妙な空気でした。なんだか落ち着かない。

とにかく、独りで歩いているヒトは全然いないのです。デート中のカップルとファミリーばかりでした。なので、お台場では、心に緊張感を持ち続けていました。

出来ればオサラバしたいけれど、そうも行かない。

フジテレビには感動しませんでした。

等身大ガンダム像を見かけたような…。このあたりは不明瞭です。

 

写真は残っていない

当時はガラケーなので、写真を撮る日常はありません。ですから、グーグルマップを駆使した東京旅にも関わらず、写真はありません。現在のテクノロジーの変化は美しいですね。

人混みを避けるために、秋葉原あたりを散策する毎日です。

しかし、せっかく来た東京です。行ったことのない渋谷には行ってみよう!となります。

 

初めて、渋谷にくると、活気に満ちあふれた前衛的な街だ。と、有名なスクランブル交差点を眺めて感じます。

とにかくヒトは多い。

流れにのって街へ入ると、衣服や雑貨、どれも見たことのない美しいものばかり売っています。思わず見つめます。しかし、購入まではいたらず。

 

渋谷には、明確な目的地を定めていました。クラブです。ダンスホールですね。

ですから、夜になるまでじっとしていました。

 

夜になってから、目的のクラブへ向かいます。

と、その前に…。

と、取り出したのは、iPod classicそっくりのMP3プレイヤー。

秋葉原で購入したものでした。なぜこんなものを装着するのか?ちゃんと理由はありました。

 

MP3プレイヤーとスパイカメラを兼ねたものだったからです。ピンホールカメラ付きです。

作りは凝っていて、録画用のMicroSDカードへMP3データを入れておけば、音楽再生もできました。

夜の街、クラブの中は「暗黙の了解で撮影禁止」です。それは昔から今も変わりません。

 

クラブに入るにはセキュリティーチェックを受けます。黒人の用心棒を含む男3人にジロリと見られます。

もうこの時に録画ははじまっていました。優秀な門番であれば、見つけてカメラを没収されるだろうと考えていました。

レンズは向いています。なので、ピンホールカメラの穴をみつけたら終わりです。堂々と空いていたので「こんなスパイカメラ、すぐにバレる」と考えていました。

 

しかし、カメラには全く気づきません。まるで視界に入っていません。

ですから、クラブで遊びつつ(独りで)カメラテストをしていました。

誰も、種明かしをしないとカメラに気付きませんでした。画質は720pですから、十分です。暗所にも強いセンサーで、さらに録音も非常に鮮明でした。

テストですから、確認後にデータは消去しました。

 

地元へ帰ったときに、びっくりさせてやろう。と購入したのです。

しかし、思わくは外れます。

スパイカメラを見せると、全員、目を丸くして見つめて「信じられない」という顔をしました。

ここまでは良いです。

しかし、その後に「それで何を撮影するんだ?」と、問われます。

盗撮する気はないので、返答に困ります。

その瞬間に「笑えないジョーク」といったニュアンスになります。

 

「なんだよそんなの信じられない!面白いね!」

の言葉は、誰からも聞けませんでした。

ただ、軽蔑の眼差しを向けられて厳しかったことだけは覚えています。

 

長くなってきたので、このあたりでひとまず記事を分けます。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

特集

マンダラアート画廊|Masaya_Otani (VI$ӇΠЦ®️) オリジナル曼荼羅(マンダラ)アーティスト「Masaya_Otani」の公式ホームページ。マンダラの持つ対称性を用いて、スピリチュアルとヒーリング、意識を表現しています。カードやシールなど身の回りに置いていただけるアイテムをご用意しておりますので、モチーフの無いアート作品を通して、世界唯一のヴィジョンをお楽しみください。

〒515-0001
三重県松阪市大口町362-3 Pensee G-7

090-7850-4875

9:00~20:00
定休日:火曜・水曜

This error message is only visible to WordPress admins

Warning: The account for masaya_otani needs to be reconnected.
Due to Instagram platform changes on March 2, 2020, this Instagram account needs to be reconnected to allow the feed to continue updating. Reconnect on plugin Settings page